SOA

代表コラム | 横浜の株式会社S・O・A(認定支援機関)は中小企業の経理業務代行と資金繰り改善、銀行借入を支援します

株式会社S・O・A
  • HOME
  • 業務案内
  • お問い合せ

代表コラム

2021年02月12日 [銀行融資]

新型コロナウイルス特例リスケジュール活用をご検討ください!

中小企業庁は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた中小企業に対して、窓口相談や金融機関との調整を含めた特例リスケジュール計画策定支援を行うため、新型コロナ特例リスケジュール実施要領を令和2年4月1日に制定し、4月6日に同庁ホームページにて公表しました。

新型コロナ特例リスケジュールとは、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、資金繰りに悩む中小企業に対して、金融機関が最大1年間の返済猶予を行う特例支援を行うものです。

新型コロナ特例リスケジュール(pdfが開きます)

支援の窓口は中小企業再生支援協議会です。

支援を受けるため、(1)お近くの中小企業再生支援協議会に相談申込書等を提出し、(2)ヒアリングを受け、(3)金融機関と「新型コロナウイルス感染症特例リスケジュール計画案(事業計画書)」を作成します。

横浜を中心に中小企業の銀行借入サポート、事業計画作成支援を行っている当社では、「新型コロナ特例リスケジュールにより既存借入の返済猶予を受けたいが、中小企業再生支援協議会への相談方法が分からない」「新型コロナウイルス感染症特例リスケジュール計画案(事業計画書)の作成要領が分からない」という中小企業の皆様のために、中小企業再生支援協議会への申込対応等をサポートしています。

なお、新型コロナウイルス感染症特例リスケジュールは、上記のとおり、昨年4月1日に制定されたものですが、本日、当社が中小企業庁にヒアリングしたところ、現段階では終了する予定はないとのことでした。

資金繰りのために、とにかく借入返済をリスケジュールしたい!
新型コロナの先行きが見えない中、資金繰りが心配!
当社はこんなピンチを全面的にサポートいたします。

詳細は中小企業庁のホームページをご覧ください。
https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/saisei/2020/200406saisei.html

PageTop