SOA

助成金申請と事業計画作成は横浜ランドマークタワーの<財務コンサルティング株式会社S・O・A>

株式会社S・O・A
  • HOME
  • 業務案内
  • お問い合せ

経営力向上計画

経営力向上計画の認定により国から税制や金融の支援等を受けられます。
  1. 計画の事業に必要な資金繰りを支援(融資・信用保証等)
  2. 認定事業者に対する補助金における優先採択
  3. 他社から事業承継を行った場合の不動産税制軽減支援
  4. 業法上の許認可の承継を可能にする等の法的支援

経営力向上計画

「経営力向上計画」は、人材育成、コスト管理等のマネジメントの向上や設備投資など、自社の経営力を向上するために実施する計画です。
この計画が国(事業分野別の主務大臣)に認定された事業者は、税制や金融の支援等を受けることができます。
(具体的な支援内容、適用対象者・適用要件、支援期間等は必ず個別にご照会ください。)
国への計画申請においては、経営革新等支援機関のサポートを受けることが可能となっており、当社は経営革新等支援機関の認定を受けています。

「経営力向上計画」制度活用の流れ

事業分野等により申請事項が異なりますので、この制度の利用をご検討の方は個別にご照会ください。ここでは一般的な流れをご案内いたします。
(中小企業庁「経営力向上計画策定の手引き(令和2年12月28日)」を基に作成)
事前確認・準備

資金繰り支援を受けたい場合には適用対象者の要件等を確認します。申請前に金融機関に相談する必要があります。
不動産に係る登録免許税・不動産取得税の軽減については対象となる条件等を確認します。
業法上の許認可の承継についてはその種類その他特例の条件等を確認します。


経営力向上計画の策定

経営革新等支援機関のサポートを受けることができます。
計画に記載する内容は概ね以下のとおりです
(1)企業の概要
(2)現状認識
(3)経営力向上の目標及び経営力向上による経営の向上の程度を示す認識
(4)経営力向上の内容


経営力向上計画の策定

各事業分野の主務大臣に計画申請書を提出します。
認定を受けた場合、主務大臣から計画認定書と計画申請書の写しが交付されます。(申請から認定までは所定の期間がかかります。)

経営力向上計画の開始・取組の実行

適用を受ける措置を受け、経営力向上のための取組を実行します。
計画の期間は3年から5年とし、労働生産性が計画認定の判断基準にするとされています。

サービス内容

「経営力向上計画」策定支援

制度利用の可否や条件等を確認します。
該当する事業分野を確認し、該当する事業分野別指針を踏まえた経営力向上計画の策定を支援します。

料金

料金につきましては、ご依頼内容によって異なりますので、おおよその目安になる金額をご案内させて頂きます。
ご予算に応じたサービス内容のご提案も致しますので、お気軽にご相談ください。
「経営力向上計画」策定支援 10万円〜

PageTop